デル株式会社

Q,ぴろぴろ笛の正式名称を教えてください

Pocket

吹き戻し(ピロピロ笛) 3本入
出典:成近屋 吹き戻し(ピロピロ笛) 3本入

先日、「お祭りで子どもの時に買った、先が長く伸びてぴろぴろ音がする笛の正式名称を教えてください」とリクエストをいただきました。「ITと関係ないじゃん! 」と読者の皆様のツッコミをいただきそうなのですが、久々に届いたQ&Aリクエストなので喜んで調べました(笑)。

ぴろぴろ笛の正式名称とは?

ぴろぴろ笛は、お祭りの屋台で売っている、プラスティックの吹き口があって、息を吹き込むと紙の部分が長く伸びる笛のことですよね? 「ぴろぴろ笛に正式名称ってあるの!? 」と思いつつ、Google先生に伺いました(笑)。

Wikipediaには、“吹き戻し”と書かれていました。

吹き戻し(ふきもどし)とは縁日などでよく見掛けられるおもちゃである。巻き取り巻き笛ピーヒャラ笛蛇笛ピロロロぴろぴろ笛などとも呼ばれる。英語ではblowouts、party hornと呼ばれる。

(中略)

息を多量に吹き込むため、呼吸のトレーニングに使われることが少なからずある。吹き戻しを吹くことで腹式呼吸や口元の筋肉をつけることの訓練にもなるので、近年は安価なリハビリテーションの道具としても使われ始めている。

出典:Wikipedia 吹き戻しhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B9%E3%81%8D%E6%88%BB%E3%81%97)

「安価なリハビリテーションの道具」という部分に関しては、私の祖父が言語療法士さんとのリハビリで現在、吹き戻しを使っています。ふっと息を吐き出すトレーニングをしているようでした。吹き戻しは子どもが楽しんで遊ぶだけでなく、高齢者の方の役にも立っていたんですね。すごいです!

また、淡路島の「吹き戻しの里」さまが運営しているウェブサイトには、ふきもどしの別名として、まきとり、ピーヒャラ笛などたくさん紹介されていました。

まきとり
巻鳥
巻とり
まきぶえ
ピロピロ笛

ピーヒャラ笛
へび笛

アメリカでは
BLOWOUTS

スペインでは
MATA SUEGRA
直訳すると姑殺しだそうです
怖いですね・・・

ブラジルでは
LINGUA DE SOGRA

出典:ご存じですかふきもどし(http://www.fukimodosi.org/index.shtml)

そういえば、ちびまる子ちゃんの「踊るポンポコリン」に「ピーヒャラピーヒャラ」というワンフレーズがありました。あれは、吹き戻しのことだったのでしょうか?

【参考】おどるポンポコリン
おどるポンポコリン

Amazonでは広島カープ公認の吹き戻し(ぴろぴろ笛)も売っていました。ぴろぴろ笛の用途は野球観戦にも広がっていたんですね!

【参考】新発売!広島東洋カープ承認【 楽しく吹こう♪スラィリーぴろぴろ笛 】広島カープグッズ スライリー

B013JYH1IC
エスペランス
Amazonで詳しく見る by G-Tools

まとめ

ぴろぴろ笛の正式名称はおそらくWikipediaやふきもどしの里さまのウェブサイトに載っていた「吹き戻し」ではないかと思います。とはいえ、ぴろぴろ笛のほうが日本でも一般的に使われている呼び方のような気はしました。

なお、Youtubeには吹き戻しを手作りする方法が紹介されています。これを機に、親子の遊びや夏休みの自由課題などで手作りしてみると楽しいかもしれません。以上、調査結果まとめでした。

 

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る