デル株式会社

【ONETOPIより】教育関連ニュースのまとめ 2014年編

Pocket

ITmdiaの“ONETOPI”でキュレーションした記事をジャンルごとにまとめなおして、再公開しています。私の【コメント】は2014年当時のものです。

2014年の教育系ニュースでもっとも心に残ったたのは、「日本の“教育格差”はどうすればなくなるか」です。親世代の収入によって、子どもたちの世代で教育格差が生まれている現状と支援活動を行っている人たちのお話は、大変難しい問題だと思います。

教育への攻撃が世界中で戦略として使われていることが、調査により明らかに」と合わせて、考えさせられる記事でした。

教育に関する記事(2014年)

もっとも反響が大きかったのは、STAP細胞騒動の記事でした。この事件をきっかけに、剽窃・盗作の問題も大きくとりあげられました。

通信教育教材、相次ぎタブレット化 端末による学習で効率向上か

▼通信教育教材、相次ぎタブレット化 端末による学習で効率向上か (1/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140113/cpd1401131751007-n1.htm

守安功社長は、今年4月に小学校に入学する長男がタブレット端末を使ってひらがなを学んでいる例を挙げながら、「今後はスマートフォン(高機能携帯電話)やタブレットを利用して勉強するのが、一般的になることを実感している。われわれのように紙と鉛筆で学んでいた頃とは全く異なる学習法を身に付けていく」と、

【コメント】

デジタルとアナログの使い分けがさらに進んでいくのでしょうね。

  • タグ:教育とICT,教育,タブレット,ICT活用
  • 被スター数:0 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-01-16 21:55:23 +0900

 

ICTを活用した障がい児の学習・生活支援プロジェクト、協力校を募集

▼ICTを活用した障がい児の学習・生活支援プロジェクト、協力校を募集 | リセマム
http://s.resemom.jp/article/2014/01/22/16797.html

東京大学先端科学技術研究センター、ソフトバンクモバイル、エデュアスは、携帯情報端末を活用した障がい児の学習・生活支援を行う「魔法のプロジェクト2014 ~魔法のワンド~」の協力校を1月21日より募集開始した。 「魔法のワンド」というプロジェクト名には、障がいのある子どもたちが携帯情報端末を日常生活で強力な武器として活用してほしいという願いが込められており、

【コメント】

関心がある先生はぜひ。

  • タグ:ICT教育,教育,教育とICT
  • 被スター数:1 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-01-23 19:21:00 +0900

 

教育費、年収のほぼ4割 高校~大卒で1人1103万円 神奈川県内の子供2人世帯

▼教育費、年収のほぼ4割 高校~大卒で1人1103万円 神奈川県内の子供2人世帯 – MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/smp/region/news/140124/kng14012423360011-s.htm

神奈川県内の子供2人世帯で、年収に占める教育費の割合は約4割-。日本政策金融公庫神奈川教育ローンセンターの調査で、こうした実態が分かった。調査は、同公庫が昨年2~3月に国の教育ローンを利用した県内の1544世帯を対象に7月に実施し、330世帯から有効回答を得た。

【コメント】

教育費はそれなりにかかりますよね……。

  • タグ:子育て,教育費
  • 被スター数:1 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-01-25 18:40:32 +0900

 

3Dプリンター、教育に生かせ…学校導入補助へ

▼3Dプリンター、教育に生かせ…学校導入補助へ : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/atmoney/20140201-OYT1T00603.htm
※この記事は、現在削除されています。

経済産業省は、3次元(3D=three‐dimensional)データをもとに立体物を簡単に作り出せる「3Dプリンター」を学生が使えるように、教育機関への普及を支援する。

【コメント】

この活動、広まったら楽しいですね。

  • タグ:3Dプリンタ,ICT教育,教育,教育とICT
  • 被スター数:0 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-02-02 16:15:02 +0900

 

「パソコンはタンスです」 姉が母のために作ったパソコン解説画像がスーパー分かりやすいと話題に

▼ 「パソコンはタンスです」 姉が母のために作ったパソコン解説画像がスーパー分かりやすいと話題に – ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/30/news134.html

【コメント】

これは解りやすい♪

  • タグ:ネットの話題,ICT教育
  • 被スター数:0 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-02-26 19:01:19 +0900

 

教育への攻撃が世界中で戦略として使われていることが、調査により明らかに

▼教育への攻撃が世界中で戦略として使われていることが、調査により明らかに | Human Rights Watch
http://www.hrw.org/ja/news/2014/02/27

「教育を攻撃から守る世界連合(GCPEA)」のディヤ・ニジョ-ネ(Diya Nijhowne)代表は「学校、生徒、教職員は戦闘に巻き込まれるだけではなく、攻撃の標的になることも非常に多い」と指摘。「教育関係者だというだけの理由で、爆撃、放火、射撃、脅迫、拉致の対象となっている。教育関係者は無防備で手頃な標的とみなされている。政府や武装集団は、教育関係者を戦争戦術として使わないよう保護すべきだ。」

【コメント】

こういうことはちゃんと認識した方がいいですね。

  • タグ:攻撃,教育,調査,調査結果
  • 被スター数:1 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-03-01 18:32:10 +0900

 

日本の“教育格差”はどうすればなくなるか

▼INSIGHT NOW!:日本の“教育格差”はどうすればなくなるか (1/2) – Business Media 誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1403/07/news025.html

現代は学校での学習だけでなく、学習塾や家庭教師なども利用しないと、高校や大学に進学しづらい時代と言える。しかし、それでは学習塾や家庭教師などを利用できない環境にいる子どもたちは犠牲になってしまう。

【コメント】

「“学習したくても学習できない”という問題は、決して子ども自身に非があるわけではなく、社会の仕組みだったり周囲の環境を変えるべきである。しかし、この問題を解決しようと動いている人は少なく、大多数の大人たちは無関心なのが実情だ。」という部分が特に考えさせられます。

  • タグ:教育,教育問題,教育格差
  • 被スター数:2 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-03-08 22:15:05 +0900

 

「小保方氏個人の問題だけではない」 教育の重要性指摘

▼「小保方氏個人の問題だけではない」 教育の重要性指摘:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASG3H5JXMG3HULBJ002.html

小保方さんは博士号の取得から約2年後の2013年、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)のユニットリーダーになった。会見では、小保方さんは、STAP細胞ができたことを示す画像を加工し、「いけないという認識がなかった」と話していたことが明らかになった。大学院での教育が十分だったのか疑問が出ている。

【コメント】

私が在籍していた地方の大学院でさえ、コピペをしていないかチェックや、引用の指導はありました。どうしてこうなった?という感じです。

  • タグ:大学院,教育,研究,研究発表,研究論文
  • 被スター数:6 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-03-17 22:36:05 +0900

 

【教育動向】新しい学力、正規雇用の決め手は「自律的力」と「人間関係力」

▼【教育動向】新しい学力、正規雇用の決め手は「自律的力」と「人間関係力」 斎藤剛史 – MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/smp/life/news/140317/edc14031715470002-s.htm

国立教育政策研究所の調査(外部のPDFにリンク)から、正規雇用者は非正規雇用者や無職者に比べて、「自律的力」や「人間関係力」といった力が高いことがわかりました。

【コメント】

人間関係力が高いと仕事でも日常生活でも満足度が高くなるようですね。生きる力を育てることが肝心。

  • タグ:学力,教育,生き方,雇用
  • 被スター数:3 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-03-18 17:02:53 +0900

 

記事名不明

【お詫び】元の記事のタイトル、URL、及び私が投稿した日時のデータが破損していました。残っているデータのみご紹介します。

2010年度から総務省が実施した実証研究「フューチャースクール推進事業」では、実証校にICT支援員が常駐し、授業でのICT活用を支援した。また総務省の「地域雇用創造ICT絆プロジェクト」でもICT支援員の配置に交付金が出されたほか、自治体が独自にICT支援員を置いたところも多い。しかし全国レベルで本格化する動きにまでは至っておらず、

【コメント】

支援員としてスキルがないICT支援員が勤務している例もあるらしいので、とても良い試みだと思っています。

  • タグ:ICT支援員,ICT教育,SNS,教育,教育とICT
  • 被スター数:2 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:不明(2014-03-18 17:02:53 +0900から2014-04-29 18:46:51の間)

 

 北國・富山新聞ホームページ より、教育贈与信託についての記事

▼北國・富山新聞ホームページ – 北陸の経済ニュース
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20140429302.htm
※この記事は、現在削除されています。

三井住友信託銀行の教育資金贈与信託の取り扱い実績は3月末までの1年間に全国で

【コメント】

教育贈与信託は、これから伸びるんでしょうね。祖父母がオレオレ詐欺に会う前に預ければ、孫への贈与になるし、もったいなくないな、と考えてしまったニュースでした。

  • タグ:信託,教育,教育費,贈与
  • 被スター数:2 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-04-29 18:46:51 +0900

 

危機に瀕した女子校が、教育界から注目を集める革命者に 【前編】広尾学園の驚くべき大転換

▼第2回 危機に瀕した女子校が、教育界から注目を集める革命者に 【前編】広尾学園の驚くべき大転換 [1/3]│ベネッセ教育総合研究所
http://berd.benesse.jp/feature/shift/topics_2/activity01/

90年を超える伝統をもつ、東京にある私立広尾学園の大改革を前後編で取り上げる。7年前まで女子校だったこの学校は、少子化に加え、進学重視の外部環境の変化により、特徴のない多くの女子校同様、廃校の危機に瀕していた。その学校が驚くべき大転換により、今や教育界から大きな注目を集める存在になっている。

【コメント】

社会に出てから役立つこと、論文を読んで実験と発表をする類の、アカデミックな内容も学んでいるのがいいなと感じました。

  • タグ:広尾学園,教育,教育とICT,高校
  • 被スター数:3 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:”2014-05-04 14:58:34 +0900

 

佐賀県ICT利活用教育の現場報告

▼ダウンロード・トラブルの報道が増えています – 佐賀県ICT利活用教育の現場報告 – Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sagaict/64274227.html

報道に対応するため 急遽、県から各学校にダウンロード状況の詳細な報告を求める連絡があったようです。回答期限は、連絡があってから数時間後。連絡に気づいたときは回答期限を過ぎている場合も多く、またもや現場は混乱しています。

【コメント】

このブログが閉鎖になるそうですが、現場の様子がわかるブログなので残念です。

  • タグ:ICT教育,教育,教育とICT
  • 被スター数:2 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-05-13 13:00:17 +0900

 

 【緊急提言】組体操は,やめたほうがよい。子どものためにも,そして先生のためにも。<組体操事故の実態>

▼【緊急提言】組体操は,やめたほうがよい。子どものためにも,そして先生のためにも。<組体操事故の実態>(内田良) – 個人 – Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20140519-00035451/

その組体操で、つい先日も大きな事故が起きた。5月9日に熊本県の菊陽町立菊陽中にて、3年生男子が救急搬送され、全治1か月程度の腰椎骨折と診断されたのである。体育祭に向けて、140人でつくる「10段ピラミッド」の練習中に、ピラミッドが崩れて、いちばん下にいたその生徒が被害に遭ったという

【コメント】

昔と違って子供たちが外遊びをしなくなってきているでしょうから、以前よりも怪我しやすいのでしょうね。授業をどうするかも、考えないといけないのでしょうね。

  • タグ:体育,教育,組み体操
  • 被スター数:2 被リキュレーション数:0
  • 投稿日時:2014-05-19 12:57:37 +0900

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る