デル株式会社

2016年の目標は、”二番・ショート川相”スタイル

Pocket

年頭の目標発表が遅れていました。ごめんなさい。2016年の目標を発表しますね。今年は鉄壁の2番打者だった川相昌弘さん(読売巨人軍)を目標に、記事を手堅く積み上げます。なぜ、川相選手を目標にしたいのか。

憧れの人は、川相選手とランス選手

小学生の頃、野球界のヒーローは四番打者の原辰徳 さん(読売巨人軍)でした。今まではすっかり大監督になられましたね。

原辰徳さんや中畑清さんの人気が凄かった時期だったのですが、当時の私は二番だった川相選手と、三番・ランス選手(広島東洋カープ)にあこがれていました。なぜこの二人にあこがれたのか。

それは川相選手は犠打(バント)を地道に積み上げて、日本記録とギネス記録を達成した選手だからです。ランス選手は本塁打王と三振王を同時に取った選手だからです。

【筆者注】本名のリチャード・アンソニー・ランセロッティ(Richard Anthony Lancelotti)では長すぎるため、広島時代の登録名は“ランス”だったようです

ランス選手はたくさん三振する代わりに、ホームランも多い選手でした。日本では三振が多いことを批判する人が多かったようです。しかし、確実に・・・と思いすぎると、チャンスを逃してしまいかねません。私は大当たりを当てるためにどんどんバットを振るランス選手のチャレンジ精神が大好きでした。

川合選手はランス選手とじつに対照的な選手でした。当初はショート(遊撃手)としてレギュラーを取るのも一苦労だった川相選手が、最終的には日本記録とギネス記録を達成したのですから。精密で、ミスがほぼない犠打力にあこがれました。

バントの積み重ねは地味で目立ちません。犠打を積み重ねても打率などの記録にはプラスにならないでしょうし。しかし、チームのためにひたすら犠打を積み重ね、ぶれない姿勢がすばらしいと感じていました。

参考

心の熱っぽさはとても大事!!

これからは劣悪な状況におかれたとしても、水面下で自分のスタイルを貫ける人が物事を成し遂げる気がしています。

  • 考え方がぶれないで、心底自分が好き! と思ったことを貫ける人
    (やりたくてたまらないから、やらずにはいられない、他人に何を言われても信念を貫ける)
  • 卑怯なことをしない人
  • 自分だけの利益ではなく、世の中にも貢献できるからやりたいと本気で思っている人

が今後、輝いていくように感じています。

今までの私はランス選手のようにどんどん数打って、どれかが当たれば良いという方針でした。しかし、40代まで残りわずかの今こそ、川相選手を見習って地道に実績を積みかさね、真の実力を身につけたいと考えています。

やっていることに熱っぽさ(本気・真剣さ)があることは非常に大事な気がします。自分が納得できる言動をすることで結果が伴うのではないでしょうか。本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

参照記事

関連書籍

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る