デル株式会社

IBM Social Accessibility Project、Webアクセシビリティ向上システムの紹介

Pocket

日本IBM 東京基礎研究所の研究プロジェクト、Social Accessibility Projectを紹介した動画がYoutubeに公開されています。

▼IBM Social Accessibility Projectの紹介

IBMの浅川千恵子さんがNHKの番組に出演したことをきっかけに、私はこのプロジェクトを知りました。

なぜ画像のタグにalt属性で解説が必要なのか。ウェブ・ページのアクセシビリティ向上に必要な知識を、イラストなどで紹介しています。Social Accessibility Projectは、晴眼者にも視覚障害の人にも使いやすいウェブページを実現する取り組みと言えるでしょう。

その他、IBM Webアクセシビリティ向上システムは、鳥取県と共同で以下のような取り組みをしています。

▼IBM Webアクセシビリティ向上システム&鳥取県の取り組み(長編)

Webアクセシビリティ向上システムとは

代替テキストのついたWebページ上の画像イメージ 音声でWebページを読み上げるソフトウェアは、視覚障がい者の方の目となっています。しかし、例えば画像に説明(代替テキスト)がついていないと、Webページに何が書かれているのか、理解できません。Web利用者はこのような問題に遭遇したらこのWebアクセシビリティ向上システムを通じてまず報告します。
この報告はシステムの掲示板に掲載され、それを読んだ修正担当者は、元のページを変更することなく画像の説明、例えば「○○の写真」という修正情報を作成します。
http://www-06.ibm.com/industries/jp/government/casestudies/Tottori_WAIS_201102.html より引用

どちらの動画も、ウェブ・アクセシビリティがわかりやすく紹介されています。英語版の動画は日本語のスピーチに英語の字幕がついているため、外国語の学習にも使えそうです。

▼IBM「Webアクセシビリティ向上事業」英語長編

W3Cには無料で文法と構文チェックできるサービスが公開されています。ウェブサイトを作成される際は、ぜひこちらのサービスもご活用くださいませ。

▼Unicorn W3C総合検証サービス
http://validator.w3.org/unicorn/?ucn_lang=ja

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る