デル株式会社

【メモ】変革したいリーダーのためのプロジェクト成功法がわかる! ―白川克・榊巻亮『業務改革の教科書』より―

外資企業のミーティング
Pocket

コンサルタントの人のノウハウを知りたかったが、過去に読んだ本は理論中心で抽象的な内容が多かった。その結果、読んだ後わかったような気がしても、実際にどう業務改善を行えばよいのかがわからなかった。

そんな私に役立ったのが以下の本『業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ』である。

【 なぜ この本を選んだの? 】

この本は実名で各企業の事例が書かれており、内容が具体的。本文の内容をイラストでも表現しているので大変理解しやすかった。図表が多く、難しい理論もかみくだいて説明しているところが大変良かった。

実際に使用された図表・ツールが紹介されているので、私のような非専門家(普通の人?)でも実際にプロジェクトの改善に取り組むことができた。

【 ここが役立った】

この本の特徴は、著者がプロローグに挙げているように四つある。

  1. 実務家による実務家のための教科書
  2. 現場で使っている実物と、当事者の声
  3. システムよりも、まずは業務の将来像を描く
  4. 日本企業での、「普通の人々」による変革

(前掲書 P,4~6より抜粋)

実務で使用したツール・図表が掲載されているので、私のような非専門家でも、掲載されているツール・図表を参考に、プロジェクトの改善に取り組むことができた。実務を行う人には必携書ではないか。

【読んだ結果、こうなった】

2013年は怪我や病気でなかなか思うように働けなかった。そのため、在宅中心でも業務を進められるようにしたい、という希望があった。

この本にそって、

  1. 何を変えたいのか、
  2. 現状の調査と分析、
  3. どうなりたいのか、
  4. 計画の価値とリスクへの対応、

を念頭に置いて、仕事を見直し始めた。

その結果、不明瞭だった今後の見通しを具体化することができてきた。この本で紹介されているような企業の業務改善にかぎらず、個人事業や人生の見通しをたてたい際にも活用可能に思う。非常に汎用性の高い本である。

▼『買いたくなった人はこちらへ』

編集履歴:2014.1.23 20:47 題名に書いた書名を訂正しました。(業務改善の教科書→業務改革の教科書) 2014.12.18 22:43 2段落目のしかしを削除。2015.12.18 16:54 題名に「【メモ】」を追加。2016.1.25 17:11 副題のハイフンをダッシュに修正。副題に「より」を追加。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る