デル株式会社

論理的な文章を書くコツ

ペンで文章を書く手
Pocket

私がブログを書く時は、たくさん書きたい欲求が出てしまい、1つの記事の中で結論への伏線をどんどん張ってしまいます。そうすると、ひとつの記事に複数の話題があるように見えてしまいます。複雑化して、理解しにくい事に気が付きました。そこで、文章を書く際の基本に立ち戻ることにしました。

論理的な文章を書くコツ

原稿用紙50枚ちょっと書いて、きちんと結論に着地するには、

  1. 記事を構造化(話の筋道をきちんと整理)して、
  2. 一つのテーマに絞られている必要

があります。つまり「モノグラフ」にするということです。

参考:モノグラフ  -コトバンク

「モノグラフ化」をやってみてよかったことは、“論理だてて文章を書くトレーニング”になったことです。試しとしてITmediaオルタナティブ・ブログを「モノグラフ化」した結果、内容がわかりやすくなりました。さらに記事数が増えたので、ブログ全体のアクセス数が増えました

テーマをひとつに絞り、

  • 問題提起
  • 内容の説明
  • 考察
  • まとめ

にすると、論理的な文章にできるようです。

その際、内容の説明をするときは、各段落から一文だけ引用するような気持ちで書くと、うまくまとまりやすいようです。この手法は、「パラグラフ・ライティング」と呼ばれています。

パラグラフ・ライティング

まずパラグラフとは何か。パラグラフと言うのは,ひとつのテーマ,トピック,話題について記述したものです。段落と同じと考えてもらって結構です。複数のパラグラフを組み立てて,1つの「文章」になります。
http://horilab.jp/031105techWriting/page2.htmから引用。

パラグラフ・ライティングの詳細な方法は、「プロから学ぶ わかりやすい文章講座 第3回」に詳しく掲載されています。

以下の本は「パラグラフ・ライティング」の他、プロのライターが使用しているテクニックを初級ライター&ブロガー向けに解説しています。SEO対策になる文章の書き方、お客様が買いたくなる見出し・キャッチフレーズの書き方などが紹介されています。

参考:ふくだ たみこ 鈴木 将司『SEOに効く! Webサイトの文章作成術

4863541414
シーアンドアール研究所 2014-02-15
Amazonで詳しく見る by G-Tools

私はp.158からの「見出しとキャッチコピーの違い」が特に参考になりました。

  • 「見出しは、次に続く文章の内容を要約して作ります(ふくだ 2014 p.158)」
  • 「キャッチコピーは、キャッチコピーに続く本文の中で、いちばん印象的な部分、お客様の興味を引きそうな部分だけにスポットを当てて、その部分をピックアップ(抜粋)して作ります(ふくだ 2014 p.160)」

今まで私は見だしをキャッチーにするのが良い書き方なのだろうと誤解をしていました。見出しとキャッチコピーを混同していたため、読者の興味を引けなかったり、SEOの面で見出しを入れた効果が出にくかったのかもしれません。

文章が長く続くと読者は疲れます。ほどよく見出しを入れると、読者が読みやすいからです。171ページからは「センスがない人のためのキャッチコピー作成法」が紹介されています。ふくだ先生のノウハウを参考にして、私もはやく個人ブログの見出しを修正しなくては・・・。

引用の方法に注意

ただし、文章をそのまま自分のレポートに使用するのはNG。引用する場合は「」で引用部分をくくり、どこから引用したか、引用元がわかるように明記します。そうしないと、盗作したことになってしまいます。

著作権法に基づいた適切な引用は問題ありません。とはいえ、引用しすぎはNGですので、できるだけ自分で考えて、引用はレポートや論文全体の1/3以下になるようにする事をおすすめします。

盗用・剽窃(いわゆるパクリ)になってしまうと、その後の人生に大問題が出かねません。適切な引用になるようにお気をつけてくださいね。

なお、論文ではなく、レポートを書く際の参考に『レポート・論文の書き方入門』も参考にしました。Amazonのレビューが高評価でしたが、実際に使ってみて良かったです。

参考:河野 哲也『レポート・論文の書き方入門
4766409698

慶應義塾大学出版会 2002-12-13
Amazonで詳しく見る by G-Tools

編集履歴:2014.1.11 22:04 冒頭の一文に物語名を追加・修正。2014.2.8 22:01 題名と見出しを「論理だてて文章を書くコツ」から改めました。イメージ画像の入れ替えを行いました。2014.3.25 22:15 冒頭の稚児今参り物語に関連する部分を削除。見出しを「現状打破」から「ブログに複数の話題があると読みにくい」に改めました。2014.4.4 23:07 「その際、内容の説明をするときは、」から「お気をつけてくださいね。」までを追加。2014.4.28 0:28 SEOに効く! Webサイトの文章作成術の情報を追加。見出し「まとめ」を「各段落から一文だけ引用するような気持ちで書く」に改め、 「プロから学ぶ わかりやすい文章講座 第3回」の情報を追加しました。2015.1.6 1:13 見出し「ブログに複数の話題があると読みにくい」を削除し、筆者→私に変更。2015.12.14 14:43 本文に「私はp.158からの」から「修正しなくては・・・。」までを追加。見出し「各段落から一文だけ引用するような気持ちで書く」、本文から「見出しが少なく長大化してしまいます。しかも、私はブログにもかかわらず、」「ブログをスマートフォンから読むには、大変読みにくいことに気が付きました。」を削除。「論文を」→「たくさん」に修正。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る