デル株式会社

【追記あり】動画マニュアルが作成できるソフト紹介 カハマルカの瞳/Bandicam(バンディカム)

Pocket

以前、「ニコニコ動画にゲームの実況中継をアップしたい」「ゲームの実況中継を録画する方法を教えてほしい」とご要望をいただきました。一旦は回答を公開しましたが「プレイ動画をウェブにUPするのは著作権の違反ではないか?」とご指摘・ご質問をいただきました。

ゲームの実況中継を動画で公開して良いのか

調べたところメーカーやジャンルによってOKだったり禁止だったり、対応が異なっているそうです。OKだったりダメだったりということなので、今回は恐縮ながら動画マニュアルの作成法に切り替えたいと思います。
※動画をウェブにUPする際の著作権問題については今後、別記事にしたいと考えてます。

知り合いの講師がパソコンの操作を動画マニュアルにしていたので何のソフトを使っているのか伺いました。教えていただいたソフトは「カハマルカの瞳(無料)」「Bandicam[バンディカム]」でした。きっと有料で高いのだろうと思いましたが、公式サイトで確認をしたら無料でした。

カハマルカの瞳

先輩講師のオススメの一つが「カハマルカの瞳」でした。フリーソフトでWindows専用です。パソコンの画面をキャプチャーできるソフトで、動画、静止画、音声の形式でAVI形式などで保存できるそうです。

対応しているOSは「Windows 7/XP/Me」なのでWindows8への対応はまだのようです。ダウンロードは以下の公式サイトのほか、Vector窓の杜からもできます。

公式サイトのDownloadのメニューをクリックすると「カハマルカの瞳」のサポートページ・最新ヘルプ・ダウンロード情報が表示されます。(作者の公式サイト:http://www.paw.hi-ho.ne.jp/milbesos/

なお、youtubeに「カハマルカの瞳」の動画マニュアルがありました。わかりやすくて、ありがたいです。

Bandicam(バンディカム)も便利

オススメその2は、ゲーム実況用キャプチャーソフトBandicamです。バンディカムでキャプチャーできるものは、公式サイトによると、

・PCゲームを撮影・録音し、プレイ動画を作成
・PCで再生中の動画をキャプチャー
・デスクトップ上の操作方法を解説した動画マニュアルを作成
・スクリーン(静止画)キャプチャーを保存
※http://www.gomplayer.jp/bandicam/downloads/ より引用

と記載されていました。

ゲームのプレイ動画に限らず、ドットインストールのようなパソコン上の操作方法・動画マニュアルの作成もできるようです。Bandicam(無料)は、こちらからダウンロードできます。なお、ダウンロードのところに「無料版のダウンロード」と書いてあったので、製品版(有料)もあるのか確認をしました。4980円の通常版と5980円の拡張版がありました。より高機能が必要な方にオススメかもしれません。私もカハマルカの瞳やバンディカムの無料版をまずダウンロードして、動画マニュアルを作成してみようと思います。

スポンサードリンク

追記:Bandicamの国内販売について(2015年9月26日 14:20)

今まで株式会社GRETECH JAPAN社が日本語版のBandicamを販売していました。しかし販売する会社が2015年10月1日から変更になるそうです。

株式会社GRETECH JAPANでは、Bandisoft(ソウル特別市永登浦区)が開発する
Bandicam、Bandizip、Bandicutを日本国内独占で配布、運営、販売を行っておりましたが、
2015年9月30日付で国内独占運営及び販売委託契約を解除することとなりました。
これを受けまして、誠に勝手ながら、Bandicam、Bandizip、Bandicutの販売とサポート業務を
9月30日に終了させていただきます。

なお、これまでに弊社の販売ルートを通じてご購入いただきましたお客様のライセンスキー
及びご購入時にご登録いただいた個人情報の管理については下記の通りとなります。

・9月30日まで:GRETECH JAPANのプライバシーポリシーにしたがって管理
・10月1日以降:Bandisoftのプライバシーポリシーにしたがって管理

過去のキャンペーンなどで配布したPR用ライセンスキーについては、使用期限を
8月31日までとさせていただきます。
※9/30までに弊社サイトにてご購入いただいたライセンスキーは、10月1日以降も ご利用いただけます。

http://www.gomplayer.jp/bandicam/notice/view.html?intSeq=409 より引用

現在の公式サイトは9月末で閉鎖されるそうです。10月1日からはBandisoft社が日本向けBandicamの販売・無料版のダウンロードを行えるということなのか、現時点では調べてもわかりませんでした。

10月になってから新発表があるかもしれません。現時点でははっきりとして説明ができず恐縮です。後日、情報を確認できてから、さらに追記させていただきますね。

追記 2016.5.15

動画キャプチャーソフトBandicomは、2016年現在、現在、Bandsoft社が日本で販売していました。

▼Bandicom 高画質・高性能動画録画ソフト
https://www.bandicam.com/jp/

スポンサードリンク

編集履歴:2013年7月14日 21:15 カハマルカの瞳の部分を書き足しました。 bandicamの部分を一部順番を入れ替えました。2013年7月15日 22:07 プレイ動画の著作件について冒頭部分に追記しました。記事の趣旨を動画マニュアル作成に改めました。題名を「Q,ゲームのプレイ動画(実況中継の動画)を作りたいです」から改めました。最初の見出しを「ゲームの実況中継の動画の作成法」から改めました。2014.4.21 23:58 前半部分を独立させました。2014.7.20 23:55 前半部分を戻しました。2015.9.26 14:20 題名に【追記あり】を追加。追記の部分の見出しと内容を加筆。2016.5.15 21:41 追加情報を加筆。2016.5.16 20:28 Bandicomのバナーを追加。Bandicomのリンク先(URL)を修正。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る