デル株式会社

「ばさら」(BASARA)とは何か?

Pocket

2006年に個人事業主として開業してから8年が経ちました。(※フリーランスの講師としては2005年から活動。)女性の個人事業主の場合は自分の名前(旧姓)を屋号にすることも多いようですが、私はSOHOバサラカンパニーにしました。

屋号をSOHOバサラカンパニーにした理由には、以下の様な流れがありました。

  1. 中学生の時:田村由美さんの漫画『BASARA』を読んだ。
    参考:田村由美『BASARA (1) (小学館文庫)
    BASARA (1) (小学館文庫)
  2. 会社員時代:矢井田瞳さんの「BuzzStyle」という歌がとても好きだった。
    参考:矢井田瞳ゴールデン☆ベスト 矢井田瞳
    ゴールデン☆ベスト 矢井田瞳
  3. 2002年に制作した個人サイトを「BuzzStyle」という名前にしたかったが、商標の問題がありそうなので似た名前にしたかった。
  4. 田村由美さんの『BASARA』はバサラの意味が面白いし、「Basara Style」ならば「BuzzStyle」に音が似ていた。
  5. 個人サイトを「Basara Style」という名前に決定。将来、万一、起業することがあったら「Basara Company」にしようと決めていた。
  6. 2005年:講師にスカウトされた。個人事業主として開業するように指示された。
  7. 2006年:Basara Companyとして開業。

サイトには「バサラカンパニー」と表記していますが、実際は「Basara Company」が正式名称です。将来、英語圏など外国とも取引をする予定で英語表記にしました。


スマートフォン版バサラカンパニーのロゴ

いきなり世界を意識していたとは今思えば無謀なアイデアです。しかしウェブ2.0やスマートフォン・タブレットの躍進によって、IT業界の人が外国とやり取りするのは普通になってきました。私も名前負けしないようにサービスをクリエイトしなくては、と原点を思い出しました。

バサラとは?

開業時は戦国時代の婆娑羅者や田村由美さんの漫画がヤフーの検索結果に乗っていましたが、2009年頃から戦国BASARAというゲームのおかげでバサラという言葉が一般名詞化してきました。

参考:戦国BASARA ANIME BEST(DVD付)
戦国BASARA ANIME BEST(DVD付)

筆者が大好きな西川貴教さんが戦国BASARAの主題歌を担当し、偶然とはいえバサラつながりに驚きました。

宴 -UTAGE-
宴 -UTAGE-

バサラの意味は婆娑羅者に代表されるように異形の人、異端の人を意味するようです。

身分秩序を無視して公家天皇といった時の権威を軽んじて反撥し、奢侈な振る舞いや粋で華美な服装を好む美意識であり、後の戦国時代における下剋上の風潮の萌芽となった。足利直義主導の下に、室町幕府の基本方針として編まれた『建武式目』では、ばさらを禁止している。ばさらに対して批判的な古典『太平記』には、足利氏筆頭執事高師直や、近江国(滋賀県)の守護大名佐々木道誉(高氏)、美濃国(岐阜県)の守護大名の土岐頼遠などのばさら的な言動・行動が記されている。これらの大名「ばさら大名」と呼称されている。
※ウィキペディア:バサラ(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B0%E3%81%95%E3%82%89)より引用

ただ、バサラには別な意味もあります。

バサラという存在は日本の中世では 伝統的な秩序を破る存在。しかしインドではダイヤモンドや薬師如来を守る戦う神様だったようです。髪の毛が逆立ち、怒りの表情で病気や悪と戦っていたようです。

世の中の人々のために戦う婆娑羅大将。バサラというと戦国BASARAの印象が強く、スタイリッシュで型破りな存在に思っていました。しかし病魔と戦った婆娑羅大将のように社会貢献もできるバサラを目指して活動を続けていきます。


編集履歴:2013.6.5 21:20 題名を「バサラカンパニーの名前の由来」から「バサラカンパニーの「ばさら」(BASARA)の由来」に変更。2014.4.19 17:35 SOHOを追加。2015.9.26 16:49 見出し「屋号がSOHOバサラカンパニーになった理由」を削除

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る