デル株式会社

滑舌の悪い人が滑舌よく話すためのコツ

スカイプレッスンの美女
Pocket

私は講師の仕事をしているのに、生まれつき滑舌が悪いのが悩みです。しかし、早口言葉や「きゃりーぱみゅぱみゅ」など言いにくい言葉も、以下の様なポイントに気をつけて練習することで、少しずつスムーズに話せるようになりました。

アナウンサーのように美しい滑舌までは無理だけれども、それなりに噛まないで話したい人に向けた練習のコツです。

滑舌の悪い人が滑舌よく話すためのコツ

ステップ1:短く区切って、ゆっくり話す

基本的なことですが、ゆっくりの速度で丁寧に発音することからはじめます。ゆっくりの速度でもスムーズに言えない単語を、早口で言うことはまず難しいからです。

その際、いきなり長文を練習するのではなく、短めのセンテンスで区切って練習をしています。

例:となりの/たけやぶに/たけ/たてかけた

竹藪

  • 「となりのたけやぶにたけたてかけた」の場合は、「となりの」「たけやぶに」「たけ」「たてかけた」と文章を区切って練習をします。
  • 「たけたてかけた」は同じような音が続いて言いにくいので、練習の時は意味ある部分で区切って言います。

「となりの たけやぶに たけ たてかけた」とゆっくり区切って練習した後は、早めの速度で区切って練習をします。そうすると、どこの部分で噛みやすいかわかります。

私の場合は「たけ たてかけた」が言いにくい部分です。た“て”かけたの「て」にアクセントをつけると、言いやすくなります。

ゆっくりの時は言えるけれども、早口の時にどこが言いにいか把握できたのではないでしょうか?はステップ2に移行します。

ステップ2:口の形を意識する

言いにくい単語を言わないといけないときは、イントネーションを変えて練習するのも手です。「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんの名前はアナウンサーも言い難い名前です。

日常会話では「きゃりーちゃん」と言ってごまかすことができますが、人前で言わないといけないときはイントネーションを変えて練習する方法をしてみましょう。
KPP BEST 通常盤(先着お買い得パッケージ)
KPP BEST 通常盤(先着お買い得パッケージ)より引用

iTunesで「きゃりーぱみゅぱみゅ」の確か「ぱみゅぱみゅレボリューション」のレビューを見た時に「ドラえもんの真似をすると、きゃりーぱみゅぱみゅが言いやすい」という投稿を見つけました。

【関連図書】
ドラえもん(1)【期間限定 無料お試し版】 (てんとう虫コミックス)
藤子・F・不二雄

B01B2CH0LG
小学館 1974-07-31
Amazonで詳しく見る by G-Tools

実際にドラえもんが秘密道具を出すときの言い方で、「きゃりーぱみゅぱみゅ」と言ってみると、特に問題なく発音することができました。ゆっくり、かつイントネーションを変えることで言いやすくなったようです。

【ヒント】

  • 言いにくい単語の滑舌練習をするときは、
    試しにイントネーションを変えていってみましょう。

「きゃりー」と発音する時に「りー」の母音が「い」なので、口を横に引いた状態になっています。しかし、次の音の「ぱ」は唇をすぼめて、唇を弾く感じで離します。

引いていた唇を中央にすぼめるまでに距離があるので、「きゃりー」の後に「ぱみゅ」という音が言いにいと考えられます。

ドラえもんが「どこでもドアー」という時のようにゆっくり、おおげさなイントネーションで「きゃりーぱみゅぱみゅ」といった場合は、横に引いていた唇を中央にすぼめる間の時間があるので、言いやすいのではないでしょうか?

【ポイント】

  • 言いにくい単語があった場合は、母音を意識しましょう。
  • そのあと、口の形が似ているか考えてみましょう。

早口言葉や言いにくい言葉は、口の形が似ていないものが交互に来る場合が多いようです。そのため、唇をすぼめた状態で発音することができる「ぱみゅ」だけならば言いやすいのではないでしょうか。

舌の使い方については、atlas1112001さんが「【よくあるサ行の間違い】滑舌が悪いとお悩みの方、発音が間違ってませんか」他の知恵ノートで図入りの解説をされています。口の形がうまくできたのに発音がいまいちクリアではないと感じている人はご参考になるだろうと私見では思います。

ステップ3:英語のフォニックスを練習する

ステップ2では「口の形を意識すると良い」と指摘しました。口の形が似ている「ぱみゅ」だけならばいい安いことに気が付かれたのではないでしょうか。これを「ぱみゅぱみゅ」にするとやや言いにくくなります。

その場合はアクセントを付ける位置を変えて練習してみましょう。「ぱみゅぱみゅ」と頭にアクセントをつけたり、「ぱみゅぱみゅ」と二個目のPaの音にアクセントをつけたり。アクセントの位置をいろいろ変えて練習すると、言いにくい単語もスムーズに発音することができました。

この際、英語のフォニックスを活用すると、さらに明瞭な発音にすることができます。フォニクスは『CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK 』(注)によると、「英語を母国語とする子供たちが学ぶつづり字と発音の関係を示したルールです。(中略)さて、では私たち日本人がフォニックスを学ぶメリットはなんでしょうか?ずばり発音矯正です」と解説されています。

【参考文献】

文字と発音のルールを知らないと「R」と「L」もおなじ「ら行」の言い方で発音してしまいがちです。日本語を母国語にしていると無意識に日本語を話しています。

が、昔は「い」とわ行の「ゐ」は発音が違いました。奈良時代だと「は、ひ、ふ、へ、ほ」と文字で書かれていた場合は「ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ」と発音されていたそうです。そのため「母」は「パパ」と発音されていたそうです。

英語のフォニックスで発音矯正の練習をすると、口の形や唇の使い方、舌や息の使い方が図と文字で解説されています。日本語でも以前よりはハッキリ発音できるようになって来ました。フォニックスを練習すると、英語だけでなく日本語の発音もしやすくなってきたので、滑舌が悪い人におすすめかもしれません。

 まとめ

滑舌の悪い私が、

  • どのようなことを気をつけて、
  • 言いにくい単語をいう練習をしているのか

ご紹介しました。

「となりのたけやぶにたけたてかけた」は、私の場合太字にした「となりのたけやぶにたけたてかけた」「e」から「a」の口に移行する部分を意識して言うようにしています。

「Te」のときは「え」の口の形なので広角が上に上がりぎみで、「Ka」のときは「あ」の口なので口が下方向にも大きく開いた状態になります。母音の口の形が大きく変わるところに気がつけば、滑舌が悪いなりにスムーズに言いやすくなりました。

「きゃりー」をつけずに「ぱみゅぱみゅ」だけにして練習したり、「きゃりーぱみゅ」「ぱみゅ」と途中で切ってみるなど練習をしたら言いやすくなりました。私の場合は一番いいやすかったのは「きゃりーぱみゅ ぱみゅ」で区切るつもりで言った場合でした。

【ヒント】

早口言葉や言いにくい単語は

  • 速度
  • アクセント
  • イントネーション
  • 口や唇の形

を意識すると、滑舌が悪い人も今までよりは発音がスムーズにできやすいのではないでしょうか?

 おわりに

ピアニスト・ボイストレーナーの永井千佳さんが、Itmediaオルタナティブ・ブログで「きゃりーぱみゅぱみゅ」でも噛まないで言えるようになる3つの方法を書かれていました。プロの音楽家の視点からの考察なので合わせてご参照していただけると役立たれるのではないでしょうか。

参考文献

 

追記:2013.5.31 23:09 発音の引用を削除しました。まとめの小見出しを追加しました。題名を「滑舌が悪い人がなるべくスムーズに話すための3つのコツ」から「滑舌が悪い人もなるべく滑舌よく話すためのコツ」に改めました。2013.6.6 0:14 題名を「滑舌が悪い人もなるべく滑舌よく話すためのコツ」から「滑舌が悪い人が滑舌よく話すためのコツ」に改めました。カテゴリーを日本語から一般教養に変えました。2016.5.1 18:00 句読点を追加。Yahoo!知恵ノートから記事を移動した際に、見出し「はじめに」を削除。題名を「滑舌が悪い人が滑舌よく話すためのコツ」から変更。「いうことができてきました。」→「話せるようになりました。」に修正。「に推測をしています」→「ようです」、「いう」→「言う」、「口・唇」→「口や唇」、「いたので」→「います」、「するとか」→「したり」に修正。本文から「あくまでも私が試してうまく行った例なので、学術的なコツではありません。」「私の場合は滑舌が悪い人がこんなふうに工夫してみましたという知恵ノートですが、」「どうしても」を削除。「言いにくい単語を言わないといけないときは・・・」の文章の前半部分だけを前の文章と入れ替え、後半部分のあとに「人前で言わないといけないときは・・・」を追加。「例:となりの/たけやぶに/たけ/たてかけた」を箇条書きの前に移動。「た“て”かけたの「て」にアクセントを」を、箇条書きのあとから現在の位置に移動。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る