デル株式会社

デジ教研Open Meeting08 in Kyoto ~みんなで、デジタル教科書の資料を読み込もう!~ (イベント開催日:2013年5月3日(金・祝))

デジ教研のバナー
Pocket

私見ではインターネット上だけで複雑な議論をするのは難しい、とつねづね思っていました。文字情報中心のやり取りでは誤解が生まれやすいからです。

そこでインターネット上のやりとり+αとして「リアルな場で顔を突き合わせて議論・学びあおう」という活動を紹介することにしました。みんなのデジタル教科書教育研究会が主催するイベント(京都)です。

※主催者様が「【転載・転送歓迎】このお知らせは、ご自由に転載・転送していただいてかまいません。 」と記載されています。そこで以下にイベント情報の一部を転載します。

デジ教研Open Meeting08 in Kyoto ~みんなで、デジタル教科書の資料を読み込もう!~

最後のデジ教研Meetingからおよそ1年、それ以降、すべての活動はネット上で行われていました。しかし、過去のデジ教研Meetingがそうであったように、人がリアルに集まると、ネットではできない質の議論ができ、化学反応が起きます。

そのような時間を再び創り上げるべく、今回は、参加者主体のデジ教研Meetingを企画しました!会員以外の方でも自由に参加いただけます。ぜひ、皆様ふるってご参加ください!!

管理人注: タイムスケジュール等、詳細はhttp://kokucheese.com/event/index/85078/に掲載されています。ぜひご覧くださいませ。

○ 日時:2013年5月3日(金・祝) 9:30~17:00 終了後希望者による懇親会を予定

○ 場所:京都市北文化会館 第1~4会議室 (京都市北区小山北上総町49番地の2 キタオオジタウン内) http://www.kyoto-ongeibun.jp/kita/facilities.php

○ 交通:市営地下鉄北大路駅下車(出入口1番) 市バス北大路バスターミナル下車 京都バス北大路駅前下車

○ 地図:http://www.kyoto-ongeibun.jp/kita/map.php

大きな地図で見る

○ 主催:みんなのデジタル教科書教育研究会

○ 募集人数と資格:みんなのデジタル教科書教育研究会の会員である必要はございません。 ※申込の際、a. b.のどちらを希望するか、明記をよろしくお願いします。

a.勉強会への参加者、10~30名程度 (最初に自己紹介し、グループに分かれ、下記スケジュールの2)で議論するメンバー) (デジタル教科書に関する資料をある程度予習し、当日は詳細に読み、議論しまとめたいという方ならば、どなたでも参加可。)

b.聴講者、最大50名 (下記スケジュールの2)で、各グループでオブザーバとして自由に聴講するメンバー) (デジタル教科書に関して興味ある方ならば、どなたでも参加可。)

○ 参加費;一律、1,000円(会場・設備使用料及び諸経費等、懇親会は別途) ○ 目的:デジタル教科書について既にまとめられた資料を元にして

  • 顔を突き合わせて学び、
  • 学んだ成果を発表しあい、
  • 後の学びへも生かすための資料を残す。

おわりに

今回のイベントは

  1. こくちーずで資料として事前に紹介された関連資料を読む。
  2. 議論(情報交換)する

形式なのがとても興味深いです。 デジタル教科書・情報教育のイベントは東京で開催されることが多い印象でしたが、今回のイベントは京都で開催。西日本在住の先生やICTに関心がある人が参加しやすいのではないでしょうか。 各グループの議論のテーマは以下の2つです。

  • グループ1.「教育現場発のデジタル教材について、現状と課題、そして提言」
  • グループ2.「情報教育について」

こくちーずに掲載されている関連資料のURL集は情報教育に役立つ資料ばかりでした。参加すればなお自分の知恵になりそうです。

編集履歴:2014.12.20 15:40 見出し「はじめに」を削除しました。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る