デル株式会社

niconico「ブロマガ発表会」から学んだこと

Pocket



livedoor clipやwablogなど昔から頑張っていたサービス終了がして行く中で華々しく開始するサービスがあります。niconico「ブロマガ」です。今日、マイナビの記事で知りましたが、既存メディアを組み合わせてビジネスにする形に面白みを感じました。

「ニコニコチャンネル」は、企業や団体が動画や生放送を配信を行うことを目的に2008年からスタートしたプロモーション・プラットフォーム。「ブロマガ」は、このニコニコチャンネルから記事の配信を可能にする新サービスだ。記事コンテンツごとに無料、または有料を選択することができ、有料の場合は月額課金か都度課金かをさらに選ぶことができる。記事コンテンツはブログ形式で配信できるほか、メルマガやePUB形式でのダウンロードにも対応する。課金額は書き手が設定し、そこからシステム利用料14%を引いた残額を書き手70%、ドワンゴ30%で分配する。
http://s.news.mynavi.jp/articles/2012/08/23/niconicobromaga/index.html より引用

有名な書き手や有名人を迎えての情報発信プラットフォームになりそうです。ブログは無料で読むもの、書くものというのが日本では一般的に思えますが、プロの書き手には価値をつけて書いたものを紙媒体ではなくウェブでも発表したいという想いがあるのは自然な事に考えられます。

それゆえに佐々木俊尚さんが有料メルマガをはじめたり、ホリエモンさんがメルマガをビジネスとして成立させたり、プロがメルマガを活用していたのでしょう。

おそらく力のある書き手は有料でブログを書きたいと考えているのではないでしょうか?
その際に今までは有料メルマガがプラットフォームでした。

しかし今後はniconico「ブロマガ」のように自分で無料か課金するかを設定して、メルマガだけでなくブログやePubでもコンテンツを配信できるプラットフォームがうけるだろうと推察しています。
その方が読者にも便利ですし、書き手のモチベーションが上がるからです。

この取り組みの考え方を参考に、私も自分の情報発信の仕方を見直そうと考えた次第です。


編集履歴:2012.8.30 2:00 に最後の一文の主語の誤字を修正しました。2012.10.20 20:52にブログ文化向上委員会で掲載していた原稿を二分割して一部改稿しました。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメントは利用できません。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る