デル株式会社

facebookページの運営で気をつけていること

ソーシャルネットワークを操作する女性
Pocket

昨年5月末にfacebookのページ機能を利用して「片岡麻実のSkypeレッスン」というページをオープンしました。理由は「これから普及しそうなfacebookページを私も作ってみたい」と思ったからです。

しかし私は個人で公式facebookページを作るほど著名ではありません。そのため私が行なっている「Skypeレッスン」のページを作った次第です。

facebookページを作成してみて

最初は長いURLだったのですが1週間くらいでファンが25人以上になり、短い独自URLを取得できました。URLはhttps://www.facebook.com/Skype.Lesson です。私の名前を入れるかどうか迷いましたが、女性は結婚や離婚で姓が変わる場合があるため普遍的なURL「Skype.Lesson」にしました。

参考:Facebookページ「片岡麻実のSkypeレッスン」(2011年5月28日~)
参考:本家サイト「片岡麻実のSkypeレッスン」http://kataoka-lab.ocnk.net/(2008年6月~2011年)

どのようにしてファンを集めたかに関しては「Facebookページでファンを二十五人以上集めるコツ(Yahoo!知恵ノート)」に書きましたので、そちらをご参照くださいませ。

facebookページの運営で気をつけていること

押し売りしない投稿

片岡麻実のICTマガジンの新しいカバー写真

ウォールが投稿なしの状態でファンを集めようとしても、ファンがこのページを二度と見に来てくれないような予感がしました。そのため何を投稿するのかに気をつけました。「パソコンレッスン」のことばかり書いていてはファンにへの押し売りになってしまいます。

このページは集客のためではなく、私がfacebookページを活用して情報発信したらどうなるか興味が湧いて作成しました。そのためページ名とは裏腹に情報発信が中心のページです。他の企業ページや有名人ページとは違う作りなのはその為です。

何を投稿したら良いのか

Facebookページマネージャ 2.1(無料)
カテゴリ: ビジネス, ソーシャルネットワーキング
販売元: Facebook, Inc. – Facebook, Inc.(サイズ: 31.7 MB)
全てのバージョンの評価: (3,038件の評価)
iPhone/iPadの両方に対応

私はページ名に合った投稿がよいかと思い、Skypeなど無料電話アプリ、facebookに関連するニュースを投稿するようにしていました。SkypeやLINEなど無料通話サービスの話題を多くしていたのですが、そればかりになった時期にファンが減ったので、facebook関連のニュースや一般的な話題も盛り込むようにしました。

管理人の近況も書いたほうがいいかなと思い「風邪をひいたこと」を話題にしたら一気にファンが4人も減りました。ファンが私に求めていることは雑談ではなくキュレーターとしての情報発信とわかり改めました。「管理人が仕事でこんな活動をしました」は喜ばれているようなので、フォーマルな装いで投稿することにしました。

ファンとの交流

Social Media Concept

時々「いいね! 」がついたり、ファンからコメントが来るので、そのような場合はお礼の気持ちを込めて私もコメントを投稿するようにしています。

ただし、荒らしの人がファンになる場合もあるかもしれませんので、投稿されたコメントは私にのみに見えるようにしています。安心して交流したいためと他のファンも荒れた投稿は見たくないだろうと考えたからです。

facebookのデザイン関連の本を買ってページを少しずついじっていたものの、私はデザインが不得手なためアプリでそれらしい機能を追加したほうが向いているのではないか? と考えました。そのためおちゃのこアプリを利用してショッピングカートのようなページも追加しました。

facebookページだけでショップのカートを完結させるには手間がかかるようでしたので、本来のSkypeレッスンのサイトは残したままにして、おちゃのこのアプリで本来のサイトへのリンクをショッピングカートのようなビジュアルで掲載しました。

facebookとTwitterの連携

ちなみにfacebookページの更新情報を自分のTwitterアカウントに自動投稿できるようになったようです。私も実験として本日から「facebookからTwitterへ投稿」をページのみ有効にしました。facebookにログインした状態で以下のページにアクセスをすると連携をするかどうか設定ができるようです。

参考:FacebookからTwitterへ投稿
https://www.facebook.com/twitter/

この設定は個人アカウントでも可能ですが、facebookへの投稿が数百文字くらいでされていないとTwitter(140文字以下のツイート)とfacebookへの投稿の差がない状態になります。ファンをがっかりさせないために気をつけたほうが良い点ではないでしょうか。




編集履歴:2013.10.07 22:49 見出しを追加しました。2013.12.07 23:05 画像を追加しました。見出し「押し売りしない投稿」「何を投稿したら良いのか」を追加しました。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る