デル株式会社
  • 2012.1.8
  • 2011年の目標評価と2012年の目標設定 はコメントを受け付けていません。

2011年の目標評価と2012年の目標設定

Pocket

一年前、今年の抱負を振り返っていましたが、長くて短いような、短くて長いような2011年が終わりました。そして再び新しいお正月の神様がいらっしゃいました。今年のお正月は以下の記事に心惹かれました。

新しい年となりました。昨年は日本では東日本大震災と福島第一原発の事故、欧州ではユーロ圏を揺るがす財政危機、そのほかにもタイの洪水やニュージーランドの地震など、大きな事故や事件が起こった1年でした。

ですが私たちは、そういうことは起こりうるのだと思って生きていくしかない。2012年も、多くの問題を抱えつつも、解決していける年になればよいかなと思います。さて、2011年の年頭に、5つの目標を立てました。

[雑感]あけましておめでとうございます+今年の目標5つ via tamago915.bloggers-network283.com

そこで私も2011年の目標評価と2012年の目標設定を行うことにしました。

2011年の目標は達成したのか?

私も目標というほど厳密ではないのですが、2011年1月8日に今年の抱負を宣誓していました。一年前に5つのおおまかな目標を立てていました。

今年の抱負は「今まで積み重ねてきたことをさらに地道に積み重ね、結果を出す一年」にしたいと思います。そこで、抱負を叶えるための仮の目標を考えました。

体調を相談しながら「いい加減(良い加減)」で仕事などの活動を行うこと。 短期的な結果も大切だが実績を地道に積み重ねて社会貢献を積み重ねること。

  • 健康第一に過ごす
  • デジタル教材を発表できるように取り組んでみること
  • ブログの記事をなるべくまめに書くこと

今年の年末にこの記事を見た時に私がどういう気持ちで振り返っているのか楽しみです。 via http://kataoka.bloggers-network283.com/

(1)と(3)はおおよそ同じ事「健康のことを最優先に」を指していました。私の場合、東日本大震災の頃はストレスで痩せてしまいましたが、それ以降はだんだん気持ちも落ち着きました。 夏以降は夏バテしつつ、アトピーもでつつ、しかし初めて病気らしい病気はしなかった一年でした。

(1)と(3)は久しぶりに特に病気をしなかったので△にしました。 (2)は○です。このブログ、Yahoo!知恵ノートでは障害者と支援技術について情報発信を行いました。他のサイトでは東日本大震災のその後の被災地について記録を残しました。

リアルな世界ではダウン症の方の支援を行う機会をいただき、知的障害の方にもパソコンレッスンが可能になるように、音楽やお料理など楽しみの世界が多くの方に拡がるように取り組んでいます。

(4)は×です。デジタル教材の情報収集や勉強会に参加しましたが自作では作ることができませんでした。どんな教材が現場で必要なのか、何を活用して作成するのが良いのかまだ五里霧中です。この目標は2012年以降に持ち越しをしたいと思います。

(5)は△です。3つのメディアで合計月8本程度の記事を書いていました。2011年12月はペースを早めて12件に増やすことが出来ました。しかし体力切れした月、記事にしたい話題が見つからなかったつきは4本くらいまで落ち込んでいる例もあります。

本数とクオリティは比例しないことなので、2012年はストックしても価値がある記事を書くを目標に変更したいと思います。

2012年の目標は?

2011年の目標の評価は1勝1敗1引き分けという結果になりました。先ほど未達成だったものは「デジタル教材を発表できるように取り組んでみること」でしたので、以下のような行動目標を立てました。

●2012年 行動目標

  1. デジタル教材を発表できるように取り組んでみること
  2. 健康に留意しつつ、仕事を良い加減で行う
  3. 執筆のクオリティを上げる
  4. ※有償で執筆依頼が来るようにする
  5. 学術論文を発表する
  6. ABA(応用行動分析)、知能検査の理解を深め活用する

(1)は昨年☓だったため、2012年は自作でデジタル教材を作成することにしました。代替えとしてデジタル教材の活用法を電子書籍出版することも検討しています。

パブーなどの無料サービスに公開し、内容の室が高まった所でたまご915さんがご紹介されていた電子書籍アプリ(iPhone/iPad版、Android版)の出版も検討したいと思います。※もしかしたら文学関係で出版を目指すかもしれません。

(2)は私は仕事を詰めすぎてしまったり、生活の睡眠リズムが崩れてしまったりしやすいため、無理をしないように良い加減(ええかげん)で働きたいと思っています。スケジュール管理については2011年は満足な結果だったので、継続して取り組みたいと思います。

(3)は「ブロガーとして書きませんか? 」と声をかけられる機会が増えたので、有償で依頼したいと目利きの編集者などに思われるくらいのレベルに到達したいと思ったからです。

雑誌やウェブ上の短めな記事の執筆依頼が来るように、というレベルを目標にしました。出版は電子書籍出版が身近になりましたので「有償で記事の依頼が来る」を目標に設定しました。

(4)の学術論文を発表するは日本文学のジャンルを検討しています。 私は現在3つの学会に参加しています。

  1. 中世文学会
  2. 日本LD学会
  3. 情報処理学会

本当は情報処理学会に論文を投稿したいところでありますが、工学部出身ではないため適切な研究スタイルがまだつかめていません。

今年は大河ドラマが「平清盛」なので『平家物語』関連の論文や特別支援教育とICTというテーマで論文を書きたいと考えています。実際は書く前の準備段階だけで1年かかりそうですが、最も楽しみな目標です。

(5)は子どもにパソコンを教える機会が増えたためたてた目標です。言葉で言っても小さい子供はすぐに理解することができない場合もあります。その際に適切な対応ができなくてはパソコンの楽しさも役立つ面も子どもに伝えることができません。

しかるのではなくどのような対応が適切なのか私が理解・認識するためにABA(応用行動分析)などの学習を深めたいと考えています。

2012年は昨年の目標よりもアカデミックになりました。今年の年末にこの記事を見た時に私がどういう気持ちで振り返っているのか楽しみです。

変更履歴:2013.4.9 22:59 改行が崩れていたので修正しました。2013.10.2 22:04 「当ブログ・コミュニティでは2012年最初の投稿となった」を削除。2015.1.02 22:55 見出し「はじめに」を削除しました。

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメントは利用できません。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る