デル株式会社

ソーシャルネットワーク

スマートフォンに届いたメッセージ
Pocket

この記事は、WebクリエイターためのITマメ知識 vol.40 2011.6.27のバックナンバーです。
---------------------------------
●今日のITニュース
---------------------------------
あっというまに今年は半年近くが過ぎました。
今年は3月11日に衝撃的なことが起こりました。
みなさま、お変りなくお過ごしでしょうか。

さて、今日のITネタは「ソーシャルネットワーク」にしたいと思います。

震災以降、印象的だなと感じているのはソーシャルネットワークの台頭です。
震災の時、一般の電話や携帯電話および携帯メールがつながりにくくなりました。
しかし、Twitterなどインターネットで
コミュニケーションをとるシステムは正常に動いていたため、
Twitterで賛否確認をしたり救援を求めるということが数多く行われました。

テレビがない被災者のためにUstreamで
テレビ局がニュースを流すという試みも行われました。
Skype(スカイプ)で安否確認を取る方も多く、
利用者が多かったために普段よりもクリアな音声で
通信が可能になったという話も伺いました。

非常事態の時でもソーシャルネットワークは通信規制がかからないので、
一般の方にも必死なツールとして認知されたように思います。

私自身も3月中はTwitterでおよびjimdoから震災に関する情報発信を行いました。
マスに向けて発信する場合はTwitterのほうが適していると考えたため、
震災の日からしばらくはFacebookを利用することはありませんでした。

昨年の冬から今年にかけて映画「ソーシャルネットワーク」により
一般の方もFacebookに関心を持って登録されるようになってきた様子でしたが、
自分にとってのメリットがわからなかったためです。

しかし、震災のあと「フェイスブック 若き天才の野望」を読んで、考えが変わりました。
Facebookをビジネス利用しようと考えてTwitter同様、
自分のビジネスの売り込みをかけてくる人が多い印象ですが、
本来は「リアルな知人とネットで交流する場として作られたもの」
というマーク・ザッカーバーグ氏は語っています。
そのためハンドルネームやペンネームではなく実名登録になっている訳です。

ザッカーバーグ氏の思想に基づいて考えれば
「リアルな知人」で「素性が明らかな人とだけ交流」すれば良い。
そう気がついて設定を変えたところ、
売り込みのメッセージも届かなくなりました。
設定をきちんとカスタマイズしておけば快適な場だとわかりました。


今まで美味しいお店を探すときは「食べログ」のクチコミを利用していました。
しかし、Facebookのほうがよりリアルなクチコミが見つかります。
食べログはおおよそ☆3つから3つ半が大部分ですが、
Facebookだと公開範囲が狭いせいか具体的な評価を見つけることができました。

「ここだけの話だけどね」という話題が多いので
公にはなっていないけれども「たしかにいいね! 」という情報が多く散見します。
リアルな知人が知り合いに向けて発したクチコミは
私見ではTwitterよりも信頼度が高いように感じます。
自分の素性を明らかにして友達に向けて
情報発信しているためではないかと考えています。

ただし、フレンドが少ないままだと情報が入ってこないので
一人でつぶやいているような状態になります。
そのため、リアルな知人がFacebookにあまり参加していない場合は、
有名人や興味がある話題のページ(旧ファンページ)に登録すると有効かと思います。
情報も入ってきますし、共通の関心をもつ方との交流もページ上で可能になります。


また、「デフォルトの設定はフレンドのみに公開されているはず」
と思っている方が多いようなのですが、
単に登録しただけでは自分の情報はSNS参加者みなさんに丸見えになってしまいます。
プライバシー設定は最初に納得が行く形で設定されたほうが良いと思います。

アプリがフレンドの個人情報を別な人のウオールに投稿するという例もあります。
これもプライバシー設定でアプリに個人情報を公開するかどうか
設定できますので、確認されてくださいませ。

それでは、第41号をお楽しみに!

▼WebクリエイターのためのITマメ知識 より http://archive.mag2.com/M0084303/index.htmlより

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメントは利用できません。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る