デル株式会社

2011年以降にJimdoが流行するか

スマートフォンに届いたメッセージ
Pocket

この記事は、WebクリエイターためのITマメ知識 vol.39 2011.1.8のバックナンバーです。

———————————
●今日のITニュース
———————————
寒中御見舞申し上げます。あっというまに新しい年になりました。みなさまお変りなくお過ごしでしょうか。

私のメルマガは携帯で読まれている方が多いので改行を多くしていたのですが、知人が「携帯は自動改行が入るから変に改行を入れないほうが読みやすいですよ。」と教えてくれました。そこで今回は実験として段落ごとに改行を入れてみます。よろしくお願い致します。

今回は私が気になる「jimdo」について書いてみます。jimdoはドイツから日本に入ってきたCMSです。Wordpressよりもさらに簡単にサイトの構築ができるサービスです。jimdo日本版はKDDIさまが運営しています。

▼jimdo
http://jp.jimdo.com/

jimdoはインストール不要です。デザインなどを自分で選択し、あとはブログのように記事を追加していくことができます。

デザインは、
・Freeレイアウト(70種類以上)
↑無料版を契約した方が使えるもの

・Pro(25種類以上)+Freeレイアウト
↑プロ版を契約した方が使えるもの

・Business(30.種類以上)+Pro+Freeレイアウト
↑ビジネス版を契約した方が使えるもの
と思ったよりも豊富にありました。

私は自分の趣味のサイトを試しに作りましたが広告が表示されるのは嫌だったのでプロ版を契約しました。プロ版は独自ドメインの費用が込みでした。jimdoはドメインもwebサイトとセットになっているので、単にサイトを作るだけならば10分から15分で公開できました。

レイアウトはいろいろあってよかったのですが、ヘッダーやメイン画像は自分で用意した方がよいと感じました。ヘッダーなどの画像をプロに作ってもらい、サイトそのものは自分で作ってしまえば見栄えが良い割に費用が抑えられるかもしれないと感じました。

ただし、すでに複数のWeb制作会社が「jimdoで企業サイトを格安に構築します」とPRされているのを見かけます。費用は3・4万円くらいからのようなので思い切ってサイト構築を全部お願いするのもありだと思います。

趣味のサイトならばjimdoの無料版がもともと用意しているデザインで十分だと思いますので、個人の方にもおすすめです。

日本ではMovableTypeやWordpressで企業サイトを構築するのが多いと思いますが、「jimdoをうまく活用出来れば無料で簡単にサイトを用意できるかも? 」と興味深いです。
jimdoがWeb制作の世界にどんな影響をあたえるのか。今後が楽しみです。

それでは、第40号をお楽しみに!

▼WebクリエイターのためのITマメ知識 より
http://archive.mag2.com/M0084303/index.htmlより

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメントは利用できません。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る