デル株式会社
  • 2010.3.7
  • [勉強会プレミーティング] 電子書籍時代のユニバーサルな図書のあり方って? はコメントを受け付けていません。

[勉強会プレミーティング] 電子書籍時代のユニバーサルな図書のあり方って?

ユニバーサルな本ってなに?のバナー
Pocket

以下の内容を改変しない限り、転送、大歓迎です。

——————————————————-

電子ブック時代のユニバーサルな図書のあり方って? ~使いやすい、わかりやい電子図書のあり方を考える~

勉強会プレミーティングのお知らせ

電子ブック時代が本格的に到来しようとしています。そのような中で、文字や図書に対して読むことに困難を抱えている人たちがいることを皆さんはご存じですか。

たとえば、

  • ディスレクシア(識字障害)や
  • ロービジョン(弱視)、
  • 視覚障害や
  • 身体障害によるもの

など、様々なケースにおいて存在しています。

そこで私たちは、本格的な電子ブック時代において、ユニバーサルな図書のあり方を導き出すために、読みに困難を抱えている人たちとの対話を得たいと考えています。

「どのようなスタイルの電子図書や電子ブックリーダーを現実的なものとして求めるのか」など、現状を踏まえながら、様々な立場に置かれているユーザーの視点からディスカッションと検証を積み重ね、一年後にレポートとして公表したいと考えています。

読みに困難を抱えている当事者や支援者、関心のある方や関わりのある活動をされている方など、お気軽にお問い合わせいただき、ご参加ください。お待ちしております。

「ユニバーサルな図書を考える勉強会」プレミーティング

  • 日時 3月20日土曜日 午後1時~4時
  • 参加定員 20名
  • 場所 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター (京王線国領駅南口)

〈申込方法・問合せ先〉 メール、またはFAX(020-4669-032)でお申し込みください。

参加を希望される方へ

◆ ユニバーサルな図書を考える勉強会は、参加された皆さんとディスカッションしていく中で、 それぞれの関心事や体験、技能、知識、情報などを集積し、見聞や検証を加えながら多角的な結論を レポートにまとめて公表することを目的としています。

◆ 今回は、どのような視点で「ユニバーサルな図書」のあり方を ディスカッションしたいのか、 事前に内容をまとめてきていただき、 4月から正式にスタートする「ユニバーサルな図書を考える勉強会」 に向けたプレミーティングになります。

(例として、アクセシブルでバリアフリーな電子ブックリーダーのあり方、音声読み下げと電子ブックについて、スマートフォンと電子ブック、著作権と電子ブックなど)

Author Profile

片岡杏紗(あさ)
国家資格キャリアコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。元IT系講師。ITmediaオルタナティブ・ブログでは、「教育ICT」に関する記事を連載中。http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/
Pocket

コメントは利用できません。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る